暇つぶしざまあの部屋

2chの面白い記事を集めています☆流行り、スポーツ、ゲームなど。気軽におたちよりください(^^)

    カテゴリ: 健康

    ストレスとは

    刺激により引起される非特異的な
    生体反応生体に加わる力をストレッサー,それによって起る生体の反応をストレスという。 1938年にストレス理論を提示したカナダの生化学者,H.セリエによると,「ストレスとは,どんな質問に対しても答えようとする身体の反応」である。この理論は,寒冷,暑熱,放射線などの物理的刺激ホルマリン,毒物,酸素不足,栄養障害のような化学的刺激,あるいは身体的拘束や感染のような生物的刺激,怒り,不安,焦燥などの心理的要因その他,どのような刺激に対しても,身体はすべて同質の生体反応を示すというものである。これを汎適応症候群あるいはストレス症候群という。この反応は,下垂体-副腎系が主役を演じ,副腎皮質ホルモンの分泌を伴うことが特徴であるが,そのほか胃,心臓,胸腺に形態学的変化が起る。このような考え方は 19世紀以来主流を占めていた「特定の原因が特定の病気を起す」という病理観に対する反論であるとともに,原因がそのまま結果をもたらすという医学因果律を反省させるものであった。致命的な疾病のうち 75%は非特異的な生体反応としてのストレスが予後を決定するともいわれている。

    他人の目線が怖い、ストレス…と感じる若者が増えているワケ



    【他人の目線が怖い、ストレス…と感じる若者が増えているワケ】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 すらいむ ★ :2018/09/11(火) 18:58:18.20

    男性の喫煙率 初めて3割下回る

     たばこを習慣的に吸っている人の割合は去年、男性が29%と初めて3割を下回ったことがわかりました。
     厚生労働省は、たばこによる健康被害が広く知られたほか、受動喫煙対策が進んでいることも要因ではないかと分析しています。

     厚生労働省は去年11月、全国の20歳以上の男女6500人余りを対象に喫煙の状況などについて調査しました。

     それによりますと、たばこを習慣的に吸っている人は男性が29.4%となり、調査を始めた昭和61年以降で初めて3割を下回りました。

     一方、女性は7.2%で男女あわせた喫煙率は17.7%と、こちらも最も少なくなりました。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    NHK NEWS WEB 2018年9月11日 18時55分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180911/k10011625131000.html


    【【たばこ】男性の喫煙率 初めて3割下回る 厚労省】の続きを読む



    (出典 www.jbinc.co.jp)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/02/13(火) 00:06:18.06 ID:/DI1FraX.net

    お菓子ジュースやめて筋トレしてたら嫌でも痩せるのに
    何でみんなデメリットしかないダイエットを頑張るんだ?


    【結局ダイエットするのに一番の近道って筋トレよね】の続きを読む


    ぐるぐるするだけ!足首回しがダイエットにも効果があるみたい♡



    【ぐるぐるするだけ!足首回しがダイエットにも効果があるみたい♡】の続きを読む

    このページのトップヘ